教師とは?考えてみましょう|家庭教師!

『家庭教師を探しましょう!』

一口に‘教師’と申しましても、「勉強を指導する家庭教師」など…いろいろな種類がございますが、指導のやり方とは?

家庭教師をはじめとした‘教師’というものについて紹介します!

(簡単に言うと一般的に…)教師とは、学校などで教育を担当する人のことです。

たとえば家庭教師としてお子さんを指導する仕事や、英会話を教える教師など・・・その他にもいろいろあります。
昨今は様々な指導のやり方を考えているようで、さまざまなジャンルで必要なものになっています。  体育の家庭教師などまでありますよ、ご存知でしたか? あとは英会話以外の外国語教室などもよく見ますよね。

このようにいろいろな種類がございますが、その中で皆様が教師に対して求めているものはいったい何なのか考えてみましょう。

まず、教育を担当する!ということです。(つまり何かを指導する〜)
家庭教師についての注意事項を紹介しますと… アルバイトとして生徒に教えるわけですが、スキルを身につけることが必要。 専門性はともかく、基本的に知識は豊富でなければなりません。
高時給で楽なアルバイトに見えますが、そう簡単にはいきません!

仕事として家庭教師をやってみたい場合はアルバイトです。しかし勉強を教える立場ですから、受験の情報やテクニックなどを指導する必要があります。注意して下さい。

また、英会話教師の仕事ならそちらに関するスキルが必要です。たとえば、ネイティブな発音だったり・・・その知識は豊富でありその他の指導技術などを身につけて、人に教えられるレベルまで努力する必要があると思います。


そして、一度ある程度のレベルまで積み上げても、知識や指導のやり方などは日々新しくなっていくので教育を担当する人は大変です・・・
教師とは、指導をする上で‘自分が勉強していく’向上心なども必要になると考えていいでしょう。
(皆様、注意して下さいね)

このように〜 一口に‘教師’と申しましても、「勉強を指導する家庭教師」など…いろいろな種類がございます。
「絶対的に必要!」なことは誰もが認めるところであると思いますが、最近特に重要視されているのが、「生徒をやる気にさせる」という指導のやり方で、心理的なことまで含めた知識です。

これは、勉強を率先してしようとしないお子さんなどの家庭教師の指導では主流になっています。
ちょっとした言葉のかけ方で生徒のやる気をなくしてしまうことは多々ありますが、逆に捉えると、よく考えてみましょう!ということです☆
工夫した対応によって勉強などを習得するスピードを上げていくことも可能。
これをコーチングスキルと言います。さらに、そのスキルを指導する担当までいます。

まとめると、‘教師’に必要なことは・・・

@工夫した指導のやり方などのスキルを身につける!
A教育を担当する人は毎日自分が勉強していくこと!(わからないところは調べる)
Bやる気にさせるテクニック

こちら3点が重要となってきます。
しかしその他にもいろいろあります。それは人間性の問題も大きく重要視されるようになっているということ。
(学校の先生なども大変ですよね…)

家庭教師の情報などホームページを見ても、いろいろな指導のやり方があります。競争ですね!
10数年前と違い世の中は変わりました。何をやるにも簡単ではありませんからもっとよく考えてみましょう。
代わりなどいくらでもいるのです。最近はとても厳しい。。

そんな中でいくつも仕事の依頼があり、人気があるから全ての人には指導してくれない教師もいます。
できるならそうなれるよう努力してして下さい。
「自分が勉強していく〜」ということが最も必要です!

※ ホームページ内に書かれている全てのことは、個人的な考えなども含まれますので、
その内容が正確とは限らないことご了承下さいましてご利用下さいませ。
家庭教師などを探している方はこのホームページをお役立て下さい。